ピント合わせたい

何かがズレてる毎日。しっくり来ることを目指して、日記を残します。

方眼ノート

今日も、文房具屋さんに寄った。

今日は、方眼のノートを探した。

測量野帳が目に入ったけど、これってすごく書きやすいのに、持ち歩くに連れて表紙がボロボロになっちゃうのが玉に瑕。

あと、罫がもう気持ち薄かったらよかったのに。

モレスキンもあった。でも、インクの裏抜けするし、背表紙は割れるし、開封時に酢昆布みたいな匂いがするし、価格が高い。どうしてこれが人気なんだろう?まだ、フライングタイガーで売ってるバンブーノート?の方が、安くて裏抜けしづらくていいよ。

つくづく、文房具って値段じゃないんだよね。

たまたまもらったノベルティのやすそうなペンが、とても手に馴染んで、10年くらい使ったこともあった。

結局、まだ使ったことないし、カクリエにした。

このサイズといえば、トラベラーズノートだよね。

B5のノートを裁断機でカットして、トラベラーズノートのカバーに挟んでいた頃が懐かしい。

トラベラーズノートは紙質が良い分、リフィルが高価。もちろん価格に見合った品質だと思ってる。

でも、このサイズのノートがトラベラーズノート以外の製品として手に入るなんて、夢にも思ってなかったよね。