ピント合わせたい

何かがズレてる毎日。しっくり来ることを目指して、日記を残します。

ペン

バレットジャーナルにしたから、一緒にペンも新しくしたくなって、文房具屋さんに寄った。

多機能ペンというと、身近なものだと、安っぽくてゴツイのばかりだけど、少しお金を出せば、すごくかっこいいものが買える。

 

見ていて欲しいなって思ったのが、

ロッドリング、ラミー、色々あったけど、

コンパクトさを重視して、ステッドラーアバンギャルドライトにした。

色が可愛い。

インクの出がいまいちだったのと、なるべく細めの字を書きたかったから、ジェットストリームの替え芯を買って、付け替えた。

いい感じ。

ちょっと、書くときにチャリチャリ音がするけど、これもかっこよく感じる。

 

このタイプの機構は、小さい頃両親が使っていたのを見て、実は憧れていた。

「この色で書きたいと念じれば、その色が出てくるんだよ」なんて言われて信じてたけど、その色のマーク部分を上に向ければ、その色が出てくるって仕組みになっている。

 

ここまでお金を出すのちょっと、という場合とか、乱暴に扱わなければいけない環境の時は、ぺんてるの多色ボールペンがおすすめだよ。

どの色のボールペンを使いたいのか、シャープペンがいるのかで、タイプが絞られるけど、替え芯の互換がきく場合が意外とあるから、インクフローの選択肢は実は広い。

 

重要なのはブレで、本体の軸次第でブレを感じてしまうものもある。

アバンギャルドライトはほとんどブレを感じない。

ブレをほぼ全く感じなくて、一番しっかりしているのはシャーボXかな。

シャーボXはジェットストリームの替え芯が入らないけど、エマルジョンインクというのがあって、これは私はジェットストリームよりいいなって思ってる。

ラミーもブレないけど、本体が重くて硬いから、慣れるまでちょっと疲れるよ。