ピント合わせたい

何かがズレてる毎日。しっくり来ることを目指して、日記を残します。

思い切って

有ちゃんと食事をした。

このあと何か予定あるのって、私から誘った。

なんとなく、理解できないことが多くてストレスに感じるから、少しでも理解したくて誘った。

有ちゃんは嬉しそうに、ないよ!と言っていた。

 

有ちゃんにも不満があるみたいだった。

有ちゃんは、去年、9割受かる昇給試験に落ちたらしい。

仕事の評価なんてどんなに努力しても他人がするもので、その尺度なんて自分にはわからないから、どうしようもない。

そう言う話を、落ちた他の同期としていたらしい。

 

傷の舐め合いと言う言葉を知らないのかな。

 

この子、かわいそう。